小児歯科

小児歯科とは?

小児歯科とは?

子どもの歯は“どうせ永久歯に変わるんだからむし歯になってもかまわない“と思われてませんか?
乳歯は大人になってからのかみ合わせ・歯並び・顎の発育に大きく影響します。
乳歯の表面はエナメル質という硬い部分が薄いためむし歯になりやすいです。また、深い所まで進みやすく、大人と同じように機械で削らなくてはいけなくなります。

むし歯を放っていると顔まで腫れることもあります。いい歯でしっかり物を噛むようにしなければ顎も発達せず、歯並びや噛みあわせにも影響が出ます。
歯並びが悪いとコンプレックスになったり、むし歯になりやすくなります。
大切なお子様の将来のために小さいときから歯への関心をもたせたり、
小児歯科で歯科医師、歯科衛生士のアドバイスを受け乳歯の健康を守りましょう。

小児歯科でむし歯予防

小児歯科でむし歯予防

幼いうちに菌の侵入を防ぐことや菌の数を増やさないようにすることは、むし歯予防にはとても重要です。虫歯菌の繁殖を抑えるのに有効な手段は歯磨き、そして虫歯になりにくい歯を作る「フッ素塗布」があります。

小児歯科で正しい歯磨き

小児歯科でむし歯予防

歯磨きは口の中の健康を保つためにはとても重要なことです。
※6ヶ月ごろから歯が生えてき始め、3歳前後で20本の乳歯がそろいます。まれに歯の本数が足りない場合もありますが問題はありませんし、永久歯も足りなくなるとは限りません。

STEP01

歯が生え始めたら

水を含ませたガーゼや脱脂綿などを指先に巻き付けて、歯の表面の汚れをやさしく拭き取ってください。この頃は手にしたものを何でも口に入れたがるので、歯ブラシを遊びの中に取り入れ、歯ブラシに慣れさせましょう。また、お母さんは口の中を見る習慣を付けましょう。

STEP02

1才になったら

少なくとも、朝と晩の2回くらいは小さなやわらかい歯ブラシを使って、やさしく歯面の汚れを取ってあげましょう。姿勢は寝かせ磨きをお勧めします。

STEP03

1才6ヶ月~2才頃

自我がだいぶ強くなり、一人で歯磨きをしたがります。不十分ですがまず歯ブラシを本人に持たせてから必ず後で仕上げ磨きをしてあげましょう。歯ブラシは子どもの口の大きさにあったものを選んでください。仕上げ用と本人用の歯ブラシは必ず分けましょう。

STEP04

3才過ぎたら

不十分ながら一人で磨けるようになります。しっかり磨けるよう訓練を始めましょう。うがいができるようならフッ素入りの歯磨き剤を併用しましょう。乳歯のむし歯が急増する時期ですので、必ずお母さんが仕上げ磨きを行ってください。歯と歯の間も気を付けてあげてください。磨いた後は忘れずにほめてあげましょう。

小児歯科でむし歯予防

正しいブラッシング方法をしていないと、毎日磨いていても歯垢はたまっていきます。歯医者で指導を受け正しいブラッシングを実践しましょう。
小児歯科ではお子様のお口の中を拝見して、歯垢のたまりやすい部分、磨きにくい箇所を考慮した正しい歯磨きの仕方をご説明します。

歯医者でフッ素塗布をしましょう

小児歯科でむし歯予防

フッ素を歯の表面に塗ることで、歯の表面のエナメル質を守り、虫歯菌(ミュータンス菌)の酸を作る働きを抑え、初期虫歯の修復をし、虫歯になりにくい強い歯を作ります。虫歯予防や、小さなお子様の初期虫歯におすすめの処置方法です。フッ素の効果を持続させるためには3~6ヶ月に一度小児歯科でフッ素塗布を受けることをおすすめします。

シーラントでむし歯予防

シーラントでむし歯予防

虫歯になりやすい奥歯の溝に、あらかじめ詰め物(フッ素入りのプラスチック系のレジン)を施して、虫歯を防ぐ方法です。6歳前後に生えてくる永久歯(六歳臼歯)は虫歯になりやすいため、特にこの方法が有効です。生えたての未熟な歯が虫歯になるのを防ぎます。

食事やおやつの食べ方

食事やおやつの食べ方

小児歯科では、お子様の歯が正しく育つための正しい食事の仕方、お子さまに食べさせる食べ物の選び方の注意点などをお教えします。
虫歯にならないキシリトール100%のガム(よく噛む習慣をつけ、唾液の分泌を促進する)やキシリトール100%のタブレットを紹介しています。キシリトールで口の中のバイキンの量を減らしましょう。

小児矯正について

小児矯正について

「将来的に矯正治療が必要になるのか?」
「いつから矯正を始めればいいのか?」
など、お子様の歯並びが心配で困っていませんか?

矯正治療の「必要性の有無」「開始時期」「治療法」は色々な要因を診査して総合的に判断するために、患者さまによってそれぞれ異なってきます。
取り外せるもの、就寝時だけ使用するものなど、小児矯正にはお子様の症状により装置も色々な種類があります。

永久歯に生え変わるまでに治療した方が、症状を軽くしたり、抜歯や手術になる可能性が低くなる場合が多くありますので、生えて来た永久歯にご不安な点がございましたら、できるだけ早めに小児歯科にご来院ください。
また、永久歯にうまく生え変わらせるための誘導的な治療も行えますので、生え変わりの時期には一度小児歯科を受診なさることをお勧めいたします。

矯正歯科